まず「はじめに」からお読みください

妊婦健診はホッとする

20週妊婦健診

今日は4週に一度の妊婦健診の日でした。

つわりはおさまってきたものの、体重はあまり戻らず赤ちゃんに影響がでていないか心配でしたが、問題なく元気にしてくれているようでホッとしました。

妊婦健診を受けている産婦人科で私はパニック発作の薬も処方してもらっているので、先生は私の発作の事も飲んでいる薬の事もよく知ってくださっています。

妊婦健診では、その時期でわかる赤ちゃんの状態を詳しく説明しながら教えてくださるのですが、おそらく、薬が何かしら赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるのではないかと私が心配していることもわかってくださっているので、余計に詳しく丁寧に教えてくださるんだと思います。

ここら辺は産婦人科の先生との相性(医師にパニック発作について理解・知識が十分にあるかどうかも含めて)もあると思うのですが、私は本当によい先生に診てもらえてよかったです。

今のところ妊婦健診は4週に一度なのですが、健診の度にパニック発作の事も気にかけてくださるし、少しの間ですが発作の症状について話も聞いてくださるので、赤ちゃんの元気な様子を確認できることにプラスして、私にとってはとても貴重な時間となっています。

今日は「デパス(発作の薬)は1日3回までなら飲んでも大丈夫だよ」(※あくまで私の状態と飲んでいる薬の容量などを加味しての指示です)ということも教えてもらえましたし、先生の知り合いの他のパニック発作の方の状況や、産後、お薬を飲みながら授乳しても大丈夫かなどについてもお話を聞くことができてなんだかとても安心しました。

前回、分娩時に発作が出たことについて不安に感じている点についても、今度分娩する予定の産院の態勢ならきっとちゃんとサポートしてくれるから大丈夫だよと教えてくれたりと、やっぱり産婦人科の先生には何でも相談しておくべきだなと改めて実感しました。

自分で調べたりしてもよくわからないことも多いですし、下手に隠したりせずに何でも話しておいた方がいざという時も話が通じやすくてスムーズですね。

次回の健診はまた4週間後。
それまでまた平穏に過せますように。