まず「はじめに」からお読みください

パニック発作がある人の出産

パニック発作のある人の出産

妊娠中にパニック発作が起こる人というのは、特別めずらしいというわけではなく、一定数はいるというお話は以前産婦人科の先生に説明していただきました。

実際にこれを書いている私も妊娠中でパニック発作持ちですし、おそらくこの記事をご覧いただいている方も妊娠中でパニック発作に苦しんでおられるのだろうと思います。

妊娠中は体が自由にならないぶん、キツイ発作が起こるととてもしんどいですね。
また起こった時にどうしようという恐怖も大きいです。

そんな毎日の妊婦生活の中のパニック発作も怖いのですが、実は分娩中に発作が起こるかどうかもとても気になっています。

なぜかというと、私自身、一度目の出産時にパニック発作になったからです。
それがきっかけで、産後に発作がよく出るようになってしまったのではないかと思っています。

出産は大丈夫なのだろうか?
うまく乗り切れるのだろうか?

そんな心配をされている方も多いと思いますので、パニック発作症状のある人の出産について少しまとめておきたいと思います。

出産中の陣痛で呼吸が乱れてパニック発作

私が一度目の出産で起こしたパニック発作は、まさしく呼吸困難でした。

当時は過呼吸だと思っていましたが、今になって当時の症状などを振り返ってみると、あれはパニック発作であったんだろうと思っています。

陣痛のいきみ逃しなどで呼吸が乱れたのが大きな要因でした。

強い陣痛という尋常でない痛みに動揺し、さらにいきみを逃すために無理して呼吸を整えようとしたのがダメだったようで、途中でどうやって息をすればよいのかわからなくなってしまったんです。

息ができない!どうしよう!という強い恐怖が襲ってきて、呼吸困難になり、これはダメだとナースコールして助産師さんに付き添ってもらっていました。

さいわいしばらくしたら症状はおさまり、分娩台にのぼる頃には分娩に集中することができるようになっていました。

特別なお薬や対処はありませんでした。
助産師さんが呼吸の仕方を教えてくれつつ、身体をさすっていてくれました。

それだけでもずいぶん気持ちが楽になったのを覚えています。

パニック発作が出産時に出るとは限らない

私は一度目の出産時にパニック発作が出てしまったので、『分娩=陣痛=パニック発作』くらいの公式が頭の中にできあがってしまっていたのですが、今のかかりつけの産婦人科さんでお話した時に、先生が「私の知っている方のケースでは、パニック障害だけれど、出産時には出なかったという方もいましたよ」と教えてくださりました。

もちろん人それぞれ色々症状はあるし、何がトリガーになりやすいかも人によって違うので、誰かの経験が自分にそのままあてはまるとも限らないのですが、その話を聞いてとてもホッとしている自分がいます。

『100%じゃないんだ』という安心感ですね。

どんなことでも100%なんてないのはわかっているのですが、実際に出産時に発作が出なかった人もいるという情報だけでも、とても心に救いになっています。

分娩を終えましたが、パニック発作はでませんでした!
参考記事パニック発作持ちで出産してきました

パニック発作だからこそ無痛分娩

私は次回の分娩で、無痛分娩を希望しています。

理由は、前回の出産時にパニック発作がでてしまったからです。
そのことに対する恐怖が大きいので、陣痛の痛みを抑え、冷静に出産に臨みやすい無痛分娩というスタイルを希望することにしたのです。

事前問診で「精神科に通ったことがありますか?」という質問があって、もしかしたらパニック発作のような病のある人は無痛分娩を受けられないのではないなと心配になったのですが、今のところ問題なく無痛分娩を行えそうです。

分娩施設の産婦人科の先生がおっしゃるには、「私はパニック障害の方こそ、無痛分娩を検討された方がいいと思っていますよ」とのこと。

無痛分娩を希望することによって、「陣痛でパニック発作になったらどうしよう!」という怖さを取り除けるのであれば、そうした方がいいと。

私が無痛分娩を希望した理由も全く同じで、出産中にパニック発作がでたらどうしようという恐怖を取り除きたいからというのが一番大きかったので、お医者さんが同じように考えてくださっていて安心しました。

パニック発作が心配ならば相談してみる

私は今は次の分娩に対する恐怖はずいぶん和らいでいます。
それは無痛分娩にOKが出たからというのも大きいですが、何より、何かあってもきっと大丈夫だと思えるようになったからですね。

私が無痛分娩を行う産院は計画分娩なので、万が一、予定している日よりも先に陣痛が来てしまった場合には通常分娩に切り替わってしまうのですが、それでもきっと大丈夫だと思えるようになっています。

そのために、産婦人科では気になることは全部相談するようにしています。
特にパニック発作に関することは何でも。

出産中に発作が出た場合、どんなサポートをお願いできるのか?また、サポート内容に希望を出すことはできるのか?などですね。

私が今まだ聞けていないのは、出産中や産後すぐの状態で、パニック発作のお薬は飲んでも大丈夫なのか?という点ですね。

授乳中にはどうやら飲めそうだということはわかったのですが(関連記事:「妊婦健診はホッとする」)、陣痛中に飲んでも大丈夫なのかはまだ聞けていません。

【追記】
分娩を終えましたが、パニック発作の症状がでないように、無痛分娩のお産中にデパス(エチゾラム)を飲みました。
医師にも事前に相談していましたが、特に問題はなさそうで止められるようなことはなかったです。

そういう点も含めて、気になるようなことはなるべく聞いて不安の種を取り除くようにしています。

もしも「薬を飲んでもいいですか?」と聞いて「陣痛中はダメです」となった場合も、では違う対応策を考えよう!と発想と建設的な方向に切り替えることができますし、モヤモヤ不安に感じ続けることの方が精神衛生上よろしくないことと思います。