まず「はじめに」からお読みください

パニック発作持ちで出産してきました

パニック発作持ちで出産してきました

先日、第二子を出産してきました。

無痛分娩の計画分娩のため、入院してから陣痛促進剤などを用いてお産を促してきましたがなかなか陣痛がのらず、2日間に渡り分娩室にこもる結果になりましたが、実際に陣痛が来てから出産までは約3時間というスピード出産でした。

入院時すでに3cmほどは子宮口が開いていたそうなのでバルーンや陣痛誘発の処置はしなかったのですが、そこからが長かったです。でも人口破膜してからはあっという間だったんですよね。

あっという間に痛みが強くなってきてしまったので無痛の麻酔はほとんど効きませんでしたが、パニック発作が出ている隙もないほどという表現が適切かどうかわかりませんが、痛みの強い時は発作は出てこなかったのでお産に集中できたのが何よりでした。

事前に助産師さんなどには「お産中にパニック発作がでることが怖い」ということは徹底的に伝えていたので、入れ代わり立ち代わりする複数人の助産師さん全ての方とパニック発作のことが共有できていた状況も心強かったですね。

参考記事パニック発作のある人の出産

でもお産中、まったくパニック発作が出そうにならなかったのかというと、残念ながらそうではありませんでした。
本格的な発作にはつながることはなかったものの、パニックにつながりそうなムズムズ感というかソワソワ感、焦燥感が出始めた瞬間はあったのです。

発作がでそうになったのは陣痛が起こる前、尿道カテーテルを通した後です。

陣痛誘発剤を使い始めたお産初日、尿道カテーテル(尿を出すための管を通します)を入れた直後くらいから実は発作の兆候が少し出てきました。

尿道カテーテルを入れると、軽い痛みというか違和感がずっとあります。
それがだんだん気になり始めて、お産を控えた緊張感と相まってしまったのだと思うのですが、自分で自由に対処できない状況(点滴などの管もつながっていたので、分娩台から自由に降りられない状況)に焦りを感じ始めました。

最初は大丈夫かな?と思っていたのですが、早めに対処した方が良さそうだと判断して、助産師さんに確認して、持参していたデパスを1錠飲ませてもらいました。

不快感の大元である尿道カテーテルを抜くことができない状況で、どこまでこの薬が効いてくれるのかが心配だったのですが、本当に不思議なくらいに楽になりました。

尿道カテーテルの不快感と、お産が近い時の便意に近い感覚でお股あたりがすごくしんどかったのですが、薬を飲んでからは、違和感こそそのままですがあまり気にならなくなったんです。
おかげでそこからはお産に集中することができました。

そんな初日の体験があったので、2日目は尿道カテーテルを入れる直前に、発作的な症状が出る前にデパスを飲ませてもらうことに。薬を持っていてよかったです。

こうして陣痛がひどくなるまえに薬を飲むことができたので、出産の一番しんどい時にもパニック発作がでることなく、最後まで終えることができました。

パニック発作は1度出てしまうと、そのあとちょっとしたことで出てきやすくなると感じています。
そのため薬を飲むのを我慢するよりも、兆候が出てきたことに気が付いたら、早めに薬を飲んで出さないようにした方が楽です(※個人の感想です)。

お産後は新生児のお世話で不規則な生活が待っていますし、ホルモンバランスの急激な乱れもあります。
発作を出さず、落ち着いた状態をキープして臨むことができたので、今のところ産後の生活の中でパニック発作の兆候はでていません。

このまま落ち着いていいけばいいな。

産後はとにかく無理せずに、身体のダメージを回復させることに集中するため、仕事なども大幅にセーブする予定。少しでも昼寝して回復に努めていきます!

ひとまず、ずーっと気がかりだった分娩を、パニック発作を起こさずに乗り越えることができたというご報告でした。