まず「はじめに」からお読みください

妊娠中にパニック発作の薬って飲めるの?

妊娠中にパニック発作の薬って飲めるの?

私は現在妊娠中で、パニック発作に効果のあるお薬を産婦人科で処方してもらっています。

心療内科や精神科ではないのは、発作がひどくなった時が妊娠中だったのでまずは赤ちゃんとの関係を相談したく、妊婦健診をお願いしている産婦人科で相談するのが先決だと判断したからです。

その後も、専門科の方へ相談してみようという流れにはなっていないのですが、もしも症状が悪化するようなことがあれば専門科を受診しようと思っています

妊娠中に飲むパニック発作の薬は産婦人科へ相談

産婦人科のお医者さんは、妊婦さんが飲んでも大丈夫なお薬を熟知しています。
それこそ、パニック発作の専門科の先生よりも知っています。

妊娠中は胎盤がしっかりしているので、お母さんがお薬を飲んでもそれがそのまま赤ちゃんへ移行するということはそんなにないそうです。

それでも一部のお薬は赤ちゃんへも移行してしまうので、何を飲んで大丈夫かダメなのかは必ずお医者さんに相談しなくてはいけないのですね。

私は妊娠中の身体の事は、まず産婦人科へ相談で間違いないと思っています。

私が飲んでいるパニック発作の薬

私は「デパス」というお薬を処方してもらっています。
はじめて処方されたのは妊娠8週の頃です。

実際に飲んでいるのは、デパスの後発品(ジェネリック)のエチゾラムというお薬です。

エチゾラム

これは今も飲んでいますが、毎日飲むというわけではなく症状が出た時のみ頓服的に飲んでいます。

妊娠中に薬を飲むのが怖い

妊娠中の服薬に対してとても敏感な方もいらっしゃいますが、お医者さんは母体と赤ちゃんの事を考えてお薬を出してくれているので、まずそれを信じることが一番かなと私は考えています。

私も怖くないわけではないんですよ。
赤ちゃんへの影響だって考えなくはないです。

でも私、一時期とても発作のひどい時、「もう妊娠をやめてしまいたい」とすら考えてしまっていたんです。
中絶というか死を考えた瞬間があったんですね。

もちろん一時的なものでしたし、発作が収まってさえいればそんな考えも頭をよぎらないのですが、発作の苦しみから逃れるためにはどうすればいいのかを考えた時に、パニックを起こしている頭にはそんな最悪な考えが浮かんでしまっていたのです。

死んでしまっては元も子もないですよね。
赤ちゃんのためには、まず今自分が少しでも正常に近づける努力をしなくてはいけないって思ったんです。

それが私にとってはお薬を飲むという決意につながったんです。

お薬以外にも、自分の症状を把握するように努めたりお守り代わりのアイテムを準備したりと工夫はしています。
でも「大丈夫、いざとなったらお薬も持ってきているからね」と考えられる心強さったらないですね。

お薬があるから大丈夫。
それだけでかなりのシーンを乗り越えてこれたと思っています。

お薬はずっと飲まないといけないの?

一度パニック発作の症状が頻繁に起こりだすと、寛解までには年単位を要すると聞いたことがあります。(※夫が医療関係者でして、夫に聞きました)

ひどくなったり症状が落ち着いたりを繰り返しながら、少しずつ良くなっていくイメージなのかな?と思っているのですが、お薬自体とのお付き合いは長くなるかもしれないなと思っています。

今も毎日飲むわけではなく頓服的に飲んでいる状況なので、「長くなる」といっても、お薬を持ち歩く期間が長くなるという意味です。

私の現状では、まだまだ『お薬から完全に卒業できるように』と考えるような状況ではないので何とも言えないのですが、症状があるうちはお薬を持っていた方が安心ですよね。

これから出産して、自分の事を後回しにしなくてはいけないことも増えてきます。
そんな時は、言い方はおかしいかもしれないですが、パニック発作に振り回されている場合ではない時も増えてくるはずなんです。

子供が急病で病院に連れていかなくてはいけない!という時など、もしも自分の発作症状が出そうになっていたなら、まず自分の薬を飲んで落ち着いてから病院へ向かうなどしなくては、子供の病院へたどり着くどころじゃなくなってしまうかもしれません。

私が先ほど「いざとなったらお薬も持ってきているから、と考えられる心強さったらない」と書きましたが、そこを薬への依存と心配される方もいるかもしれないですが、そこは医師と密に連携をとりつつ、バランスをとったり時期が来れば卒薬プログラムを考え始めればいいことで、お医者さんの言うことをきちんと守ってさえいれば大丈夫なはずだと思っています。

以上はあくまで患者側としての私個人の考えです。
ですが、不安があるなら薬を飲む方向も視野に入れつつ、まずは不安点をお医者さんに相談してみてほしいなと思っています。