まず「はじめに」からお読みください

パニック発作とワンオペ育児

パニック発作とワンオペ育児

私は今2人目の妊娠中なのですが、4歳の男の子の育児中でもあります。

夫は朝は子供と一緒に出発し(子供は保育園です)、帰りは21時~22時頃になるのがいつものことです。

夫は育児にも家事にも協力的なのですが、いかんせん仕事の都合ということもありまして、子供が保育園から帰宅してから寝かしつけ完了までの時間は基本的にワンオペ育児になります。

週末は土日が基本のお休みなのですが、土曜日は仕事が入る日が多く(泊り出張になることもあります)、そういう日もやっぱりワンオペです。

子供も4歳になり、自分一人でできる事も増えてきましたし、話もある程度は伝わるようにもなってきているので、新生児~乳児を育てていたころのような苦しさはないのですが、それでもパニック発作が続くようなときのワンオペは厳しいものがあります。

ワンオペ、やっぱり厳しいな・・・と思ったのは意外にも夫の助けが得られるシチュエーションのことでして、ある日、外出先で私がパニック発作を起こしたことがあったんですよ。

守備の悪いことに、薬を車の中に置いてきてしまい、夫が薬を取りに行ってくれようとした時の事、「ごめん、今子供と二人になるとまずいから、連れていってほしい」とお願いして、子供と一緒に薬を取りに行ってもらったんです。

その時、夫がいてくれて良かった!って心底思ったんですよ。
それと同時に、これ私が一人だったらかなりしんどかったなとも思いました。

うちの子供はとてもよくしゃべる性格なので、私がどんな状況であろうとマシンガンのように話し続けることがあるんですよね。
発作の時はその相手をする余裕もない上に、一方的に話しかけられ続けるのことで悪化したりもするので・・・発作の時は子供と二人きりになるのが本当に怖く感じるんです。

昨日も記事内(「ひどいときは食事すらこわかった」)で、子供に絵本すら読めなかった時期がある、という話をしましたが、これも私一人の時のことで、一人だからやらざるを得ないけれど、子供と一対一だからこそ逃げ場がない恐怖もあるんですよ。

それでもどうしてもワンオペでがんばらないといけない時は、「お守り」です!
私にとって一番心強いお守りは大きな保冷剤なのですが、自分一人でパニック発作を何とかしなくてはいけない時は必ず絶対そばに保冷剤やその他のお守りを準備するようにしています。

私のお守りについては、こちらの記事内で書いています
参考記事私に妊娠中のパニック発作症状

お薬を飲んだりお守りを使いながら、それでもなんとかワンオペ時に発作を乗り越えてこれたりすると、パニック発作が出ても自分でなんとかできる!とそれもまた自信になって、発作が出にくくなっていくような気もしています。

  • ワンオペ育児中のパニック発作は、子供の事もなんとかしなくてはいけないのがツライ
  • ワンオペ育児中は、薬とお守りを常備しておく
  • 自分一人で乗り越えられる自信がついてくると、発作も出にくくなってくる気がする