まず「はじめに」からお読みください

産後は産婦人科でパニック障害は診てもらえない

パニック発作の診察で産婦人科は産前まで

産後4か月ごろから徐々にパニック発作が再び出るようになってきまして、早めに主治医に見てもらわなくてはいけないと思っていました。

産後4か月目 パニック発作が戻ってきた

ここで言う私主治医とは、妊娠中に診察してくれていた産婦人科のお医者さんの事です。

妊娠中にパニック発作がひどくなってきたことで初めて医師に発作のことを相談したので、その時に一番身近な産婦人科医が私のパニック発作のことを一番よくわかってくれている医師ということになっていたわけです。

私はてっきりそのまま適切な時期がくるまでは、そのまま産婦人科で相談していいものだと思っていたのですが、どうやら違ったようです。

結論から言うと、産婦人科でパニック障害について相談できるのは妊娠中のみ。
産後は心療内科か精神科に行くようにとのことでした。

産後のパニック発作がひどくなってきたのでまた薬(デパス)を出してもらおうといつもの産婦人科を受診したのですが、「産後はお薬を出せないんです」と断られてしまってガックリ。

授乳中のデパスの飲み方についてはまた産まれてから・・・というようなことをおっしゃっていたので、てっきりまた見てもらえるものだと思い込んでおりました。

しかしパニック発作も長引いています。そろそろ本格的に心療内科等に移る時が来たということかもしれないな、ということで初めて心療内科を受診することになったのですがその件についてはまた次回のブログにて。

今回の記事で「パニック障害」と書いた場所があるのですが、実は受診した心療内科でパニック障害であるとしっかり診断されたので、今後はパニック障害と記載を変えていこうと思っています。
    ・妊娠中は産婦人科でパニック発作について相談可能
    ・出産後は心療内科や精神科を受診