まず「はじめに」からお読みください

引きこもり過ぎも時期によってはあまりよくないようだ

パニック発作が落ち着いたら脱引きこもり

この頃すごく症状が楽になってきています!

とてもひどい状態が長く続いた・・・と思っていたのですが、よく振り返ってみたら1か月程度の事だったのかもしれません。

当時はまだ記録らしいものはつけていなかったのでハッキリしたことはわかりませんが、こういうことも何かに書き記しておくことで、今度またひどい時期が来ても「だいたい1か月もしたら落ち着いてくる」などの自分なりの目安ができてくるので、きっと安心材料になってくれることでしょう。

パニックがひどい毎日の真っただ中にいる時は、症状を振り返るだけでも発作が出そうになるのでなかなか記録も難しいかもしれませんが、少し落ち着いてきたら覚えている範囲の事だけでも日記やカレンダーのメモなどに残しておけると、それが後々の自分を助けてくれる材料になりそうですよね。

この頃は症状も落ち着いてきたことによって、なるべく毎日外へ出かけるようにしています。

私の仕事は家の中でできる仕事なので、普通に過ごしていたら毎日子供の保育園のお迎え程度しか外出しないことがほとんどなんですよね。

それも自転車でシャーっと行って帰るだけなので、正味20分程度しか外出していないことになります。

発作がひどい時はそれだけでも精いっぱいだったのですが、症状が落ち着いてきている今は、なるべく少しでも外に出ようと思っています。

ちょっとしたお散歩でもいいので、往復1時間程度外へ出かけられればOK。
とにかく完全に引きこもってしまう状態は続けないようにしようと心がけています。

家の中にずっといれば「何かあったらどうしよう」という不安から守ってくれるので、症状がひどいときは家の中にいるのが一番安心だったのですが、それも長くなってくると鬱々としてくるんですよね。

家の中の閉塞感というか、息苦しい感じすらしてくるようになります。
テレビを見てもスマホを見ても、楽しくないんです。

そうなってきたら、やっぱり外ですよね。

特に何かをする必要はないんです。
ちょっと外に出て、家のまわりをグルッと歩いてくるだけでも最初は十分なんですよ。

次第に外を歩く人の顔を見たり、自分の思考以外のものを感じるだけでも、なんとなく心がスッとする気がします。
軽く人と会話できるともっと最高ですね!
(深く長い会話はまだしんどいのですが、「軽い」会話くらいがちょうどいいです)

また先日の記録(「パニック発作にスマホの長時間利用は良くない?」)でも書いたのですが、外へ出て少しでも身体を動かせると気分も呼吸も楽になる気がしています。

息が上がるほどの運動はまだちょっと怖いので、ゆっくり歩く程度ですが、それでも出るのと出ないのとでは違う気がするんですよね。

なんとなく今はお昼ごはんを外へ買いに出るのを口実に「お散歩」ということにしていますが、これだとお昼ごはん代がかかって仕方ないので、もうちょっとコストのかからないお散歩を考えねばなと思っています(笑)

以前は部屋の中でエアロバイクを漕いでいた時期もあったのですが、単純な運動であればそれでもいいのですが、パニック発作はなんせ自分の内側に意識が集中するのが良くないと感じているので、なるべく外的刺激の多い外へ出ることの方が今の私にとっては有効かなと感じているところです。

つわりもかなり楽になってきたので、このタイミングでしっかりご飯を食べてお散歩をして体力を取り戻していけたらいいなと思っています。

  • 引きこもりが長くなって鬱々してきたら外へ出る
  • 症状が落ち着いてきたら軽い散歩から始めてみる